旅とパンとカメラとお菓子。
by ui-tana
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
greeting
holiday
shopping
sweets
camera
cooking
event
いろいろ
おいしいもの
Brisbane
bread
travel
green
healing
Gunma
MT免許取得への道
lunch
未分類
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...
フォロー中のブログ
Fuchsia流 パリ生活
青心
Chakra
☆Fairlie家の一日☆
luxe et beauté
本と料理とおいしいお菓子。
晴れのちパン
Kitchen diary
quartet!
Memories of ...
陽のあたる場所  + が...
ほっこりせいかつ
Sky's diary
日々是手帖
お弁当アルバム
Note
ばばろぐ
ちょこってぃ
エキサイト以外のブログ
最新のコメント
エイコたん そうそう、..
by ui-tana at 21:20
keiさん こんばんは..
by ui-tana at 21:17
パニーニ!本場の! チ..
by chocottie at 04:12
すごいラッキ〜ですね。 ..
by kei-kana38 at 20:43
keiさん こんばんは..
by ui-tana at 18:20
keiさん ありがとう..
by ui-tana at 18:16
お誕生日おめでとうござい..
by kei-kana38 at 22:36
こんばんは。 青の洞窟..
by kei-kana38 at 22:06
エイコたん ありがとう..
by ui-tana at 23:56
お誕生日おめでとう〜!晴..
by chocottie at 12:55
最新のトラックバック
かわいい冬の贈りもの
from quartet!
とっても嬉しいハロウィン..
from quartet!
今度のお土産はチーズケーキ。
from 本と料理とおいしいお菓子。
検索
タグ
(222)
(151)
(38)
(27)
(21)
(19)
(15)
(12)
(11)
(9)
(8)
(5)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
<   2017年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧
イタリア旅行記@Roma編②

e0140529_15555272.jpg
イタリア旅行8日目。
この日は Colosseo(コロッセオ)とForo Romano(フォロ・ロマーノ)、Monte Palatino(パラティーノの丘)を観光しました。
こちらは全て共通のチケットで入ることができます。(料金は€12でした)

チケットは、フォリ・インペリアリ通り沿いにある、フォロ・ロマーノの北側出入り口で購入するのが良いとネットに書かれていたので、まずそちらでチケットを購入してからコロッセオに入場しました。
(数人しか並んでいなかったので、すぐに買うことができましたよ〜♪)




e0140529_15560318.jpg
コロッセオはローマ帝政期に造られた円形闘技場です。
映画グラディエーターなどでも有名ですね!

地下にあった猛獣の檻などの施設も眺めることができます。




e0140529_19591441.jpg



e0140529_19591540.jpg





e0140529_19591569.jpg



e0140529_15560706.jpg
コンスタンティヌスの凱旋門。
コロッセオの周りには、ミサンガなどを無理やり手に結びつけて売りつけようとする物売りがいるので気をつけてください。
(うちの旦那さんも私が写真を撮っている隙に捕まっていました 汗 €20と言われたそうです。もちろん払いませんでしたけどね)




e0140529_16135453.jpg
フォロ・ロマーノへ入る前にランチ。
カフェで、アーティチョークとハムとモッツァレラのパニーニをいただきました♪




e0140529_15561478.jpg
カフェでのんびり休憩した後はフォロ・ロマーノへ。
コロッセオ側の入り口は行列していましたが、チケットを買った北側の入り口からはすぐに入れました。

++++++++++
フォロ・ロマーノは、東西約300m、南北約100mに渡って存在する古代ローマの中心部「フォルム・ロマヌム」の遺跡である。古代ローマでは、たいていの都市に政治・宗教の中心としてフォルム(英:フォーラムの語源)と呼ばれる広場が置かれていたが、このフォロ・ロマーノは首都に開設された最初のフォルムであり、最も重要な存在であった。ローマでは、後に諸皇帝によっていくつかのフォルムが建設されたが、3基のバシリカと元老院議事堂を備えたフォロ・ロマーノは、そのなかでも中心的存在として機能し続けた。
(Wikipediaより)


↑北側の入り口から入ってすぐ右手に見えるのが、カフェアントニヌス・ピウス帝とファウスティーナの神殿です。




e0140529_16121895.jpg
エミリアのバジリカ。
裁判や商取引など、多目的に利用されていた会堂だそうです。





e0140529_16121980.jpg
元老院議事堂(クーリア・ユリア)。





e0140529_16121990.jpg
セプティミウス・セウェルス帝の凱旋門。





e0140529_16122031.jpg
サトゥルヌスの神殿。





e0140529_16122027.jpg
カストルとポルックスの神殿。





e0140529_16122029.jpg
ヴェスタの神殿。
炉とかまどの神ヴェスタに捧げるために建てられた、元は円形の神殿だそうです。神殿内では「聖なる火」が灯され、純潔を保った巫女たちが守っていました。





e0140529_16122121.jpg
ティトゥス帝の凱旋門。





e0140529_16122192.jpg
フォロ・ロマーノを見晴らし台から眺めます。

フォロ・ロマーノの見学ポイントについてはこちらのサイトを参考にしました。



e0140529_16122249.jpg
フォロ・ロマーノを観た後は、パラティーノの丘へ。
ここで炎天下の中を歩き回って疲れた旦那さんは木陰で昼寝 笑
私は、ちょうど側で学生が演劇の稽古(?)をしていたのでそれを眺めていました。
言葉は分からないのですが(イタリア語なので 汗)、人が刺されたり、殴り合いのケンカが始まったり、見ていて面白かったです。




e0140529_20205645.jpg
しばらくして復活した(笑)旦那さんとパラティーノの丘を歩きます。

++++++++++
パラティーノの丘は、ローマの七丘のうちの一つ。最も歴史が古いといわれている。パラティヌスの丘には、パラティウム(Palatium)とケルマヌス(Cermalus)の二つの頂があるが、紀元前3世紀頃以降は、パラティウムはパラティヌスの丘全体のことを指すようになる。フォルム・ロマヌムとキルクス・マクシムス(大競技場)の間にある。古代にはローマ建国の英雄ロムルスとレムスがかつて住んだとされ、その後貴族の邸宅が建てられ、のちに初代皇帝アウグストゥスを筆頭に歴代の皇帝の宮殿が建てられたため、イタリア語や英語で宮殿(Palazzo, Palace)を意味する語の語源となった。
(Wikipediaより)




e0140529_20205776.jpg




e0140529_20205774.jpg



e0140529_16122233.jpg
こちらはドミティアヌス帝の時代に造られた「スタディオ」です。
周囲は2層の豪華な柱廊に囲まれていました。諸説ありますが、馬場または競技場、中庭として利用されていたのではないかと考えられているようです。

コロッセオ〜フォロ・ロマーノ〜パラティーノの丘を観た後は、一度宿へ戻って休憩しました。




e0140529_20270917.jpg
こちらがRomaで泊まった部屋の外観。
いやいやどう見てもアパートでしょー!!




e0140529_16135762.jpg
この日の夕ご飯はJuliaの娘さんにお勧めされたピザのおいしいレストランへ行く予定でいたのですが、一度部屋に戻ったら遠くへ足を伸ばす気力が無くなってしまったので(笑)、ネットで検索してそこそこ口コミの良かったIl Cuore di Napoliへ。




e0140529_16135566.jpg
まずはビール 笑
せっかくイタリアへ来たのにレストランではビールばかり飲んでいました。だってピザにはワインよりビールですよね〜 笑




e0140529_16135652.jpg
マルゲリータ。
シェアすると伝えたら半分に切って持って来てくれました♪(写真がイマイチですいません 汗)
おいしかったですよ〜❤︎




e0140529_16135578.jpg
グリル野菜。
野菜に飢えていた私がオーダーしたのですが、普通のグリルでした 笑 可もなく不可もなく。。。

口コミが賛否両論だったので、どうかな〜?と思っていたレストランですが、普通においしかったです♪
私たちの後にもお客さんが何組か来たので、出る頃には席もいっぱいで断られている人もいました。Roma最後の夜においしいものが食べられて良かった〜♪

翌日はいよいよ日本へ向けて帰国の日。午後5時半の便だったので、お昼頃までRomaを観光しました。
次回はそちらの記事をアップしますね (・∪・)♪


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。ポチッとお願い致します♪ m(_ _)mぺこり

[PR]
by ui-tana | 2017-05-29 21:11 | travel | Trackback | Comments(0)
イタリア旅行記@Roma編①

e0140529_10250316.jpg
イタリア旅行7日目です。

Roma(ローマ)のホテルもブレックファスト付きでした。
クロワッサンやハム、チーズ、フルーツなど。




e0140529_10254126.jpg
Romaでは2日間観光する時間があったので、観るのに時間のかかりそうな、Stato della Città del Vaticano(ヴァチカン市国)とColosseo(コロッセオ)&Foro Romano(フォロ・ロマーノ)を日を分けて観光する予定でした。

どちらを1日目に回ろうか迷ったのですが、この日は昨日の移動で少し疲れていたので(チェックイン騒動もあったし...笑)、歩き回らなくても良さそうなヴァチカン市国へ行くことにしました。
ヴァチカンへは地下鉄A線のOttavianoオッタヴィアーノで降りて、サン・ピエトロ広場の入口まで徒歩約10分ほどです。

サン・ピエトロ広場に行くまでの間に、ダフ屋が何人もウロついていて『今日はサン・ピエトロ大聖堂は午前中クローズしてるので、先にヴァチカン美術館へ行きなさい』と勧誘されたのですが、(ヴァチカン美術館へ行く予定のなかった私たちは)無視して通り過ぎ、入り口で荷物検査を受けて中へ入るとすごい人でびっくり。




e0140529_10255902.jpg
この日はたまたま水曜日だったのですが、毎週水曜は法皇謁見の日(!)だったようでローマ法王がいらっしゃいました。
しかもこの日は旦那さんの誕生日だったので『すごい記念だ〜〜!!』と大喜びする私たち 笑




e0140529_10263086.jpg
警備も物々しいですね。




e0140529_10260753.jpg
法皇謁見があったので大聖堂もクローズされていたようです。
仕方がないのでヴァチカンへはまた午後に来ることにして、Romaの他の観光地を回ることにしました。




e0140529_10272877.jpg
移動中の橋から、Castel Sant'Angelo(サンタンジェロ城)が見られました。




e0140529_10320885.jpg
Campo de' Fiori(カンポ・デ・フィオーリ広場)にあるパン屋さん。




e0140529_10290486.jpg
おいしそう❤︎




e0140529_10275836.jpg
ランチにパニーニをいただきます♪
ズッキーニとモッツァレラのサンドイッチ。
今回の旅行で食べたパニーニの中でも、こちらのものが(私の中では)いちばん美味しかったです!




e0140529_10291708.jpg
ランチを食べた後は市場を覗いて歩きます。
こちらの広場では、日曜を除いて毎日早朝から午後2時頃まで市場が開かれています。



e0140529_10291754.jpg
チーズもたくさん!




e0140529_10291871.jpg
カラフルな色のパスタ。




e0140529_10291832.jpg
レモンチェッロもありました♪




e0140529_10291879.jpg
アーティチョーク。




e0140529_10302117.jpg
市場を見た後は、Piazza Navona(ナヴォーナ広場)へ。
↑上の写真はデッラ・ポルタ作、ムーア人の噴水。




e0140529_10302263.jpg
ネプチューンの噴水。




e0140529_10302229.jpg
広場中央には、ベルニーニ最高傑作の一つと言われる、4つの大河(ナイル川、ガンジス川、ドナウ川、ラプラタ川)を擬人化した『四大河の噴水』があります。




e0140529_10304798.jpg
ナヴォーナ広場から歩いてPantheon(パンテオン)へ。




e0140529_10304841.jpg
パンテオンの「occhio(目)」と呼ばれる、天井部に開いた穴から光が差し込んで、内部は神々しい雰囲気に包まれていました。




e0140529_10314417.jpg
歩き回って少し疲れたので(今日は歩かない予定だったのですけどね...汗)カフェで休憩。
奥に見えるのは旦那さん初チャレンジのエスプレッソ。薬のように苦かったそうです。。。



e0140529_10314535.jpg
Romaの老舗ジェラテリア Giolitti(ジョリッティ)




e0140529_10324421.jpg
ピスタチオとフィグ&何とかと、なんだったかな〜、、、もう一種類はまったく覚えていません。。。汗
とってもおいしかったです!今回食べたジェラートの中ではいちばんかも!
ミディアムサイズで3種類のフレーバーが選べるところもポイント高いですね♪ワッフルコーンにはチョコがかかっていました。旦那さんが食べたコーヒー味のジェラートも濃厚で美味しかったそうです。




e0140529_10424219.jpg
Tempio di Adriano(アドリアーノ神殿)。




e0140529_10424239.jpg
衛兵さんや、




e0140529_10424338.jpg
司祭様(?)が普通に街を歩いている姿に興奮 笑
日本でお坊さんが歩いているような感じですかね〜?




e0140529_10424313.jpg
再びヴァチカンへ戻って来ました。
この時午後4時近くだったのですが、サン・ピエトロ大聖堂の前にはすごい行列が。。。汗
それでもせっかく来たのだからと列に並んで大聖堂に入りました。




e0140529_10424374.jpg
1時間ほどで中へ。予想よりも早く入れて良かったです♪




e0140529_10424439.jpg





e0140529_10424409.jpg
ミケランジェロ作、ピエタ像。
十字架から降ろされたイエスの亡骸を胸に抱き、悲しみの表情を浮かべる聖母マリア像。ミケランジェロは若干24歳でこの像を完成させたそうです。




e0140529_10424518.jpg
サン・セバスティアーノ礼拝堂のモザイク画「聖セバスティアヌスの殉教」。





e0140529_10424595.jpg





e0140529_10441710.jpg
ベルニーニ作の大天蓋(パルダッキーノ)。この巨大なブロンズ製の天蓋の真下には、聖ペトロの墓があるそうです。




e0140529_10424648.jpg
ローマ法皇を警護するスイス衛兵の方々。
奇抜なデザインの衣装ですが、一説にはミケランジェロ作と言われているそうです。




e0140529_10444657.jpg
サン・ピエトロ大聖堂を観光した後はMacで夕ご飯 笑 
旦那さん希望 笑 旅行した各国でマックに行っているので、イタリアでも行ってみたかったようです、普通にマックでした 笑




e0140529_10444725.jpg
ヴァチカンの近くにもPompiのお店があったので、今回はストロベリーのティラミスを買って帰りました。
おいしかったです〜〜♪♪

翌日はコロッセオとフォロ・ロマーノ観光へ。次回はそちらの記事をアップしますね!
イタリア旅行記もいよいよ(やっと?)終盤です。あと2、3回ほどどうぞお付き合いくださいね (・∪・)♪


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。ポチッとお願い致します♪ m(_ _)mぺこり

[PR]
by ui-tana | 2017-05-28 17:15 | travel | Trackback | Comments(4)
イタリア旅行記 Meta〜Roma編

e0140529_18361274.jpg
イタリア旅行6日目。
この日はMeta(メタ)からRoma(ローマ)へ移動の日でした。

まずは朝ごはんから 笑
昨日買って来た生ハムとチーズ、パンなど。




e0140529_18503055.jpg
Capri(カプリ)のジェラート屋さんで買ってきたスイーツ。
手前の黄色(Capri limoneという名前だったのでレモンの焼き菓子だと思います)と緑色のもの(ピスタチオでした)は美味しかったのですが、他のナッツが入った焼き菓子は私の苦手なアニスシードが入っていたので、ほぼ旦那さんに食べてもらいました 泣




e0140529_18362953.jpg
出発の時間まで犬と遊ぶ 笑




e0140529_18362934.jpg
可愛い犬が3匹いて、最初は出入りするたびに吠えられたのですが、何回か繰り返すうちに住人だと解ってくれたらしく、最後はとても懐いてくれました。




e0140529_18362939.jpg
子犬とケンカ 笑




e0140529_18503042.jpg
オーナーのMariafortunaさんからいただいたプレゼント♪
旦那様のご家族が蜂蜜を作っているそうで、お土産にいただいてしまいました (/ω\)嬉しい〜❤︎


MariafortunaさんにMeta駅まで送ってもらって、Circumvesuviana(チルクムヴェスヴィアーナ)鉄道でNapoli(ナポリ)へ。




e0140529_18371710.jpg
NapoliからはFrecciarossa(フレッチャロッサ)でRomaへ向かいます。

実は今回の旅行でいちばん困ったのがRomaのホテルでのチェックインでした。
Romaのホテルは日本からExpediaで予約してあったのですが、オーナーから、事前に到着時間を教えて欲しいというメールが届いていました。
何時の列車に乗れるかわからなかったので、この日Frecciarossaのチケットが取れた時点で(Napoliを出発する前)メールで到着時間を知らせてありました。けれどもホテルの前に着いてインタフォンを鳴らしても応答なし。。。(入り口はゲートになっていて、外からは鍵が無いと入れません)

私たちは海外旅行の時に現地で使える携帯などは持って行かないので、連絡を取る方法は、1.公衆電話で電話する、2.フリーのWi-Fiスポットを見つけてSkypeかメール、のどちらかの方法しかありません。仕方がないので公衆電話から電話をするも繋がらず。。。汗 Wi-Fiの使える場所を探して駅まで戻ってウロウロするが、場所が見つからず。。。汗汗
仕方がないのでネットショップを見つけてそこからオーナーに『ホテルの前に着いた』旨メールを送ってみました。その後ホテル前のゲートに戻ってみると、オーナーから『10分後に戻る』という内容のメモが貼ってあったので、一気に力が抜けてへたり込む(どうやら私たちがNapoli出発前に送ったメールを、オーナーが読んだのが私たちがRomaに着いた30分後くらいだったらしいのです。私たちがオーナーに連絡を取ろうとゲート前から離れた少し後に、メールを見たオーナーがホテルに来て、私たちがいないのでとりあえずメモを残したようです 汗)。。

『まあとりあえず良かった、良かった』と安心、ゲートを開けて中へ入っていく人がいたので、道端で待っているよりはと、とりあえずその人についてゲート内に入り、アパート(どう見てもアパート、しかも見た目かなり古い)の入り口の前で待ってみる。(アパートの建物にホテルの名前が書いた表札があったので場所は間違いないことを確認)
しばらくしてもう一度メモを読み直してみると、『10分後に戻る』ではなくて『連絡をもらえたら10分後に行く』の読み間違いでした。。。滝汗

仕方がないのでゲートの外に出て公衆電話から電話をするも繋がらずに切れる。。。もうどうしよう、、、と思った時に、さっきネットを使ったカフェで電話もできることを発見!店の人に市内電話もかけられるか聞いたら『大丈夫』ということだったので、かけ方を聞いて電話をしてみる。(その時、メモに書いてあった連絡先の番号が国番号も書かれていることに気づく、、、公衆電話からは国番号も入れてかけていたので、そりゃ繋がらないはずでした。。。汗)
ネットカフェからの電話でやっとオーナーと連絡が取れ、待つこと15分(←10分で来ないじゃん。。。)やっとチェックインすることができたのでした 涙





e0140529_18503725.jpg
こちらがやっとチェックインできた)Romaで3泊した部屋。

確かに部屋は綺麗だし(アパートの外観からは想像できないほど)、セントラル駅からも10分ちょっとの距離なのでロケーションも良いとは思うのですが、ここはほんとにホテルとして登録していいのか???という疑問が残ります。
アパートの一室をリフォームして貸しているあたり民泊ではないかと思うのです。
よくExpediaに登録できたな〜 (。・ˇ_ˇ・。) …む

重い荷物を持って駅との間を往復したり、どこかネットを使える場所が無いかウロウロ探したり、ホテルのゲート前の通りも綺麗な通りとは言い難い場所なので、いかにも旅行者という大荷物を持って立っているのも嫌でした。
予約したのは私なので、旦那さんにも歩き回らせて悪かったな〜と反省しました。。
(次回からは普通のホテルに泊まろう!と決心しました 笑)




e0140529_18390506.jpg
何はともあれ無事チェックインできたので、Roma観光へ。
Romaに着いてからチェックインするまでに、なんだかんだ2時間無駄にしましたが。。。汗




e0140529_18505094.jpg
明るく見えますが夜の7時です 笑




e0140529_18390933.jpg
途中でおいしそうなサンドイッチ屋さんを発見!
やっぱりパニーニに目がいきます 笑




e0140529_18392122.jpg





e0140529_18392443.jpg
ホテルから40分ほど歩いて、トレビの泉へ。
まだライトアップされるには早い時間だったので、夕ご飯を食べるレストランを探します。




e0140529_18394342.jpg
ホテルのオーナーのJuliaさん(チェックインまでにかなり苦労したホテルですが、オーナーは明るくて話好きな良いおばちゃんでした)にオススメのレストランを教えてもらったのですが、店が見つけられず(汗)。。
仕方がないので、目についたレストランへ。
↑の写真はcacio e pepe(カチョエペペ)というペコリーノチーズと胡椒のパスタです。




e0140529_18394445.jpg
お肉も♪




e0140529_18394419.jpg
アーティチョークのローマ風煮込みというお料理もいただきました。
こちらは『ふーん』というお味(笑)でした。でもアーティチョークを食べてみたかったので満足!




e0140529_18405007.jpg
食事が終わった後に戻ってみると、ちょうどライトアップされていました。
綺麗ですね〜♪ もちろん後ろ向きでコインを投げてきましたよ〜 笑




e0140529_18413601.jpg
トレビの泉の後はスペイン広場へ。




e0140529_18414888.jpg
スペイン広場近くにあるティラミスが有名なお店、POMPI(ポンピ)←音が出ます!
ストロベリーやピスタチオなど何種類かあったのですが、スタンダードなティラミスを購入❤︎




e0140529_18420142.jpg
その近くにあったチョコレートとジェラートのお店、Venchi(ヴェンキ)
お腹はいっぱいでしたが、ジェラートを食べて、チョコレートはお土産に買って帰りました♪




e0140529_18421002.jpg
スペイン広場を階段の上から。




e0140529_18423734.jpg
部屋に戻ってさっそく買って来たティラミスをいただきます❤︎




e0140529_18423893.jpg
ふんわり軽いマスカルポーネクリームがとても美味しかったです♪
部屋の照明で撮ったので、写真が変な色でスイマセン。。。

オーストラリアで生活していた時に食べたスイーツはどれも激甘だったので(砂糖がジャリジャリするほど...汗)、海外のスイーツは日本人には甘すぎるのだ、と思っていたのですが、イタリアで食べたスイーツはどれもほど良い甘さで、とてもおいしかったです♪
こちらのティラミスもほんとにおいしくて、写真を見ていたらまた食べたくなってきました 笑

翌日はヴァチカン市国へ行って来ました。たまたまですがローマ法王の演説の場にも立ち会うことができたんですよ〜!(興奮!!)
次回はそちらの記事をアップしますね (・∪・)♪


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。ポチッとお願い致します♪ m(_ _)mぺこり

[PR]
by ui-tana | 2017-05-25 19:13 | travel | Trackback | Comments(0)
誕生日イベント

e0140529_18223333.jpg
昨日はお誕生日だったので、水上にあるIkufuudoさんでおいしいランチを食べてきました♪
少し遅い時間に到着したのに思いの外お客さんがいっぱいでびっくりしたのですが、ちょうどテラス席が空いていたのでそちらで。気持ちの良い風が吹いていましたよ〜。


e0140529_18223576.jpg
ラオフヴルスト5種の盛り合わせ♪




e0140529_18223520.jpg
こちらのカツ丼を初めて食べた時、とても柔らかいお肉で感動しました。
お肉とご飯が5:5の割合なのもびっくりポイントです!
(真ん中のお皿はソーセージを旦那さんと半分にしたもの)




e0140529_18223365.jpg
食後にマスカットやピーチ、グレープフルーツなどをブレンドしたホワイトティーをいただきました♪
ホワイトティーなので白っぽいのかな?と思ったら普通に紅茶色ですね 笑




e0140529_18223262.jpg
この日のメインイベントは谷川岳の星の鑑賞会でした♪
ロープウェイに乗って谷川岳の上へ。まだ雪が残っていました。




e0140529_18223440.jpg
カタクリの群生地に連れて行ってもらいました。
紫の花の中に混ざっているのは、貴重な白いカタクリの花です。

夜は少し薄雲がかかりましたが、星も綺麗に見られてよかったです♪
寒さ対策にネックウォーマーとか手袋とかダウンジャケットを持って行ったのですが、想像よりも暖かでした。(ダウンジャケットは着ましたけどね 笑)




e0140529_18223402.jpg
今朝、去年蒔いた野原のたねから花が咲いているのを発見!
すごい、すごい!きれーい!! o(^▽^)o

そういえば今年まだ蒔いていないわ Σ(°Δ°)!! あ、ワタの種も蒔かなくちゃ ΣΣ(°Д°;)



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。ポチッとお願い致します♪ m(_ _)mぺこり

[PR]
by ui-tana | 2017-05-22 19:01 | event | Trackback | Comments(2)
はっぴー♪

e0140529_12155383.jpg
ココナッツ(●)とバニラ(▲)のサブレを焼きました。
朝からキッチンが甘〜い香りです❤︎

今日は誕生日なので、今からおいしいソーセージ屋さんのレストランでランチをいただきに行ってきます♪
夜は谷川岳の山のてっぺんで星を観る予定です。
晴れますように!

今日のタイトルの『はっぴー』は最近ハマって良く聞いている、Pharrell WilliamsのHappyにちなんで⭐︎


にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。ポチッとお願い致します♪ m(_ _)mぺこり

[PR]
by ui-tana | 2017-05-21 12:23 | sweets | Trackback | Comments(2)
イタリア旅行記@Capri編

e0140529_12134422.jpg
イタリア旅行5日目はCapri(カプリ)島へ行きました。
Sorrento(ソレント)の港からフェリーでCapri島のMarina Grande(マリーナ・グランデ)へ。
高速船を使ったので片道€19くらいでした。Capriまでは30分ほどで到着。船酔いを心配していましたが、思ったほど揺れなかったです (´▽`) ホッ



e0140529_12135860.jpg
フェリーを降りて港から右方向へ少し歩くと、チケット売り場があって、その先にバス乗り場があります。
私たちはバスやケーブルカーが乗り放題になる一日券を購入しました。
一日券が€8.6(使い終わった後に購入した窓口にカードを返すと、€1返金してもらえます)、一回券が€1.8なので、5回以上乗るなら一日券の方がお得ですね〜。




e0140529_12141556.jpg
Marina GrandeからAnacapri(アナカプリ)へ。
AnacapriからGrotta Azzurra行きのバスに乗りかえて青の洞窟を目指します。
Marina Grandeから直接船で青の洞窟へ行く方法もあるのですが、洞窟内へ入るのに待ち時間がかなりあって、その間ずっと船で待っていないといけないので、船酔いが心配な人はバスで行く方が良いと書かれていました。
私たちは、青の洞窟を観た後にAnacapriにも行く予定でいたので、バスを使いました。船酔いも心配ですしね〜 (/ω\) 

青の洞窟へ着いたのが10時頃、心配していた行列も無くて良かった〜と安心したのもつかの間、どうやらこの日は波が高くて青の洞窟は閉鎖されていたようでした 涙。。




e0140529_12141664.jpg
青の洞窟の入り口。残念そうに帰って行く人たち。。。
こちらのサイトで洞窟がオープンしているか確認する事ができます。これから行かれる方はぜひチェックしてみてくださいね!

実は青の洞窟へはもともと1日前に行く予定でいたのですが(昨日はオープンしていました)、昨日は朝起きたのが遅かったので、Capri行きを1日延期してPositanoとAmalfiへ行ったのでした。(調べた情報によると、青の洞窟へは午前中に行く方が太陽の光の入り具合で綺麗に見られるそうです)
今回予定していた観光地で唯一行けなかったのがこちらの青の洞窟だったので、とーーーっても残念です (´・_・`)
またCapriに来ないとダメですかね〜 笑




e0140529_12152764.jpg
青の洞窟に入れなかったのはとても残念ですが、落ち込んでも仕方ないので(笑)気を取り直してAnacapriの町を歩きます。
こういった細い通りが続いているところはPositanoやAmalfiと似ていますね。




e0140529_12181707.jpg
こちらではマヨルカ焼きの色々な表札が見られて楽しかったです♪




e0140529_12181733.jpg





e0140529_20272021.jpg
こんなくすっと笑っちゃうような表札もありました。




e0140529_12181873.jpg
メイン通りには、お土産物屋やカフェなどが並んでいます。
カプリサンダルのお店もありました♪




e0140529_12181838.jpg
チャーチ。
青い空に真っ白な建物が映えますね!
今回の旅行では晴れて欲しい時には気持ちよいくらい良いお天気だったので、とても恵まれていました♪
曇り空のCapriとかAmalfi海岸とか、せっかく来たのに〜と気持ちがブルーになってしまうので 涙




e0140529_12192863.jpg
たくさんの人で賑わっていたパティスリー。
ウィンドウには色々な言語でオススメの言葉が書かれていました。




e0140529_12193171.jpg
やっぱりパニーニに目が行きます。
今回のイタリア旅行で何が美味しかったかと聞かれたら真っ先に『パニーニ!!!』と答えるほどパニーニ好きになった私たち。
ほんとにほんとーーーーうにおいしいのです!




e0140529_12193430.jpg
テイクアウトして教会前のベンチに座って食べました。
もちろん温めてもらいましたよ〜❤︎ ↑は旦那さんのチキンカツサンド。




e0140529_12194047.jpg
こちらは私のベジタブル。食べかけでスイマセン。。。




e0140529_12254329.jpg
さて、ランチをいただいた後はリフト乗り場へ。
こちらのガタイの良いおじさんは、リフトに乗るのをサポートしてくれるスタッフさんです。




e0140529_12203721.jpg
リフトに乗ってMonte Solaro(ソラーロ山)の頂上を目指します。




e0140529_12204740.jpg
Monte Solaroからの眺め。
遠くにFaraglioni​(ファラリョーニ​)と呼ばれる奇岩群が見られます。




e0140529_12204758.jpg
空と海が繋がって、地球は丸いんだと改めて気づく瞬間。




e0140529_12264160.jpg
いつまでも眺めていたいような景色でした。
実際には標高580メートルの山の上はけっこう寒くて(笑)、いつまでも眺めていたい気持ちはあったのですが、しばらく眺めて写真を撮って満足したらリフトに乗って下山しました。




e0140529_12264830.jpg
リフトを降りた後は、さっそくカフェに入って暖かいカプチーノをいただきます 笑

今回の旅行で観た景色の中で、Monte Solaroからの眺めがいちばん心に残りました。
(こんなに素晴らしい眺めだと想像していなかったので、驚きも大きかったのだと思います。旦那さんに聞いたら、予想してたよ〜と言われたので『あ、そうですか。。。(◎_◎) 』と思いましたが 汗)
青の洞窟へは入れませんでしたが、もし入れていたらMonte Solaroに登る時間がなかったかもしれないので、これはこれでよかったなと思います (・∪・)♪




e0140529_12385808.jpg
Anacapri観光の後はバスに乗ってCapriの町へ。




e0140529_12282703.jpg
地中海の町並みに似合うオレンジの木や。




e0140529_12282737.jpg
レモンの木もありました。




e0140529_12272730.jpg
こちらのジェラート屋さんに行列ができていたので、私たちも(もちろん!)並びます 笑




e0140529_12273418.jpg
ジェラート用のワッフルコーンが焼きたてなのがウリのようです。




e0140529_12273787.jpg
種類が多くて目移りしますね♪




e0140529_12274237.jpg
こちらのお店では焼き菓子も購入しました。




e0140529_12382708.jpg
Capriの町を歩いた後はケーブルカーに乗ってMarina Grandeに戻りました。
ケーブルカー乗り場がかなり混んでいて、乗るまでに1時間くらい並びました 汗 後から考えれば、歩いて港まで行くこともできたので、たぶんそちらの方が早かったと思います (;´д`) ま、時間はあったのでいいんですけどね。



e0140529_12292545.jpg
Marina Grandeから遠くにVesuvio(ヴェスビオ)火山が望めました。

今回AnacapriとCapri両方の町へ行きましたが、個人的にはAnacapriの方が好きでした。
Capriではブランドショップが多く見られたので、ブランド&ショッピング好きな方にはCapriの方が魅力的なんだろうと思います。(私の場合ショッピングは好きですが、ブランドに興味が無いので...笑)
Capriのまさにリゾート!といったきらびやかさよりは、落ち着いたAnacapriの町並みの方が人も少なくて、のんびり散策するには良いかもしれません。




e0140529_12294754.jpg
フェリーに乗ってSorrentoへ戻ります。




e0140529_12295369.jpg
Sorrentoの街をお土産物屋を覗きながらぶらぶら。




e0140529_12295657.jpg
こちらでもレモンチェッロやレモンを材料にしたお土産が売っていました。
今回PositanoやAmalfi、Capriの土産物屋を覗きましたが、値段はSorrentoが一番安かったです。
同じレモンキャンディを比べても€1〜2くらい安いので、どの場所でも買えるようなものであればSorrentoで買うのがいちばんだと思いました。
レモンチェッロは瓶にそれぞれの街の名前が描かれているので、思い出に残したい街で購入する方がいいかもしれません。




e0140529_12301288.jpg
Sorrentoのレストランで夕飯をいただきました。
日本の飲み屋で言うお通しのようなものなのか、こちらではオーダーしなくてもパンが出てきました。



e0140529_12301370.jpg
シーフードの盛り合わせ。




e0140529_12301480.jpg
アンチョビの乗ったピザもいただきました。

Sorrentoのレストランは下調べをしていなかったので、適当に入ったのですが、(私の中で)味はイマイチでした。シーフードは火を通しすぎて少し硬かったし、アンチョビのピザは塩気が強すぎたように思います。(ビールには合いますけどね〜)
店員さんにオススメを聞くととりあえず一番高いメニューを勧められるので、それもマイナスポイントでした 笑
まあ、これも旅の思い出かな。次回はちゃんと調べます!

この後は、スーパーでいつものように生ハムとチーズを買って部屋に戻りました。
翌日はMetaから最終目的地のRomaへ移動しました。今回の旅行もここで(やっと)半分が過ぎました 笑
後半はRomaでのんびり(毎日歩き回ってはいましたが)過ごしました。歩けば世界遺産に当たるほど世界遺産の豊富な街、次回は移動の記録と、夜に観光したトレビの泉の記事をアップしますね!


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。ポチッとお願い致します♪ m(_ _)mぺこり

[PR]
by ui-tana | 2017-05-21 11:44 | travel | Trackback | Comments(2)
イタリア旅行記 Positano〜Amalfi編
e0140529_22215453.jpg
イタリア旅行4日目。
まずは朝ごはんから 笑
キッチンにあった手作り(かな?)のケーキと、パン、胡桃(殻付き!)、フルーツなどをいただきました。




e0140529_22215415.jpg
この日は地中海沿いの道を下り、Positano(ポジターノ)とAmalfi(アマルフィ)へ行きました。
上の写真は、Circumvesuviana(チルクムヴェスヴィアーナ)鉄道です。車両も駅も落書きがすごくてびっくりしました。
地中海の素敵な街並みなのに、も少しなんとかならないのですかね〜?




e0140529_22225225.jpg
Circumvesuviana鉄道でSorrento(ソレント)まで出て、そこからSITAのバスでPosotanoへ。
バスはSorrento駅前から出ています。時刻表はSITAのサイトからDLできました。→ココ

Meta駅から電車に乗るときに、Amalfiまで行くと伝えてチケットを買ったのですが、バスに乗るときに見せたら時間が足りないので新しくチケットを買うように言われました。(チケットは時間制です)Sorrentoに着いた時にうまくバスへの乗り換えができず30分くらい時間が開いたので、そのせいで足りなくなったのでしょうね〜。。(融通が効かない。。。)
Positanoまでなら行けるか確認したら大丈夫と言われたので、先にPositanoを観光してその後Amalfiへ行くことにしました。
この後、バスに乗る時にバスの運転手にもチケットを確認されて買い直すように言われたのですが、私たちが確認したチケット売りの人と大声でやり取りした結果納得してもらえました (´▽`) ホッ




e0140529_22234148.jpg
バスに乗って1時間ほどでPositanoに到着。
山肌に沿って建つカラフルな街並みが可愛いのです♪




e0140529_22271033.jpg
バスは街の上の方に着くので、海岸まで迷路のように(笑)続く細い道と階段を下ります。
道の先には真っ青な地中海が見られます♪




e0140529_07580385.jpg
下っている道の途中には、この街で暮らしている人たちの家があって、階段に座って電話している人や、洗濯物が青空にひるがえっていたり、少しだけ生活の様子を垣間見ることができます。
毎日の階段の上り下りで足腰鍛えられるんだろうな〜と思いました 笑




e0140529_07580267.jpg



e0140529_22270956.jpg
黄色いドアに籠バッグ!可愛い〜❤︎



e0140529_08041671.jpg
歩いて15分ほどで海岸に着きました。
砂浜は砂利で足に痛そうです。。




e0140529_22274329.jpg
海岸から街を見上げた様子。




e0140529_22294226.jpg
海岸近くにはレストランやカフェ、お土産物屋などがあって大勢の人がいました。
こちらはマヨルカ焼きのお店です。カラフルな色合いが地中海らしいですね!レモンの柄のものもたくさんありました。




e0140529_22275330.jpg
途中にあったお店でランチにパニーニを買いました。




e0140529_22275321.jpg
スイーツもおいしそう!




e0140529_22275470.jpg
ベジタブルサンド。

外はパリッと、中はもちもちのパンの間にトロトロに焼かれたズッキーニや茄子、パプリカなどが挟んであって、すっごくおいしかったです♪
テイクアウトする時に温めるか聞かれるので、必ず温めてもらってくださいね♪




e0140529_22280052.jpg




e0140529_22280162.jpg
ランチを食べた後はお土産物屋を覗いて、ぶらぶらしてからまたバスに乗りAmalfiへ。




e0140529_22352853.jpg
PositanoからAmalfiまでは、道が混んでいたこともあって1時間半くらいかかりました。
街の中心部のドゥオーモ広場から階段を登ったところにはDuomo di Amalfi(アマルフィ大聖堂)があります。

車がやっとすれ違える程度の細い崖っぷちの道を行くので、バスとバスがすれ違う時はかなりヒヤヒヤしました 汗
数センチの距離ですれ違うので、まさに運転のプロ(すれ違いのプロ?)ですね〜。




e0140529_22363186.jpg
ドゥオーモ(大聖堂)の中へ。




e0140529_22370159.jpg
こちらでは通称『天国の回廊』と呼ばれる、ロマネスク調の回廊が有名です。
回廊に入る場合の入場料は€3でした。



e0140529_22370197.jpg
ため息の出る装飾。




e0140529_22370242.jpg
教会の信者でなくても敬虔な気持ちになる空間でした。




e0140529_22370245.jpg
光の差し込む様子がとても綺麗でした。




e0140529_22373812.jpg




e0140529_22353986.jpg
ドゥオーモを見学した後は、お土産物屋やカフェなどが並ぶメイン通りを歩きます。




e0140529_22353913.jpg
レモンの栽培で有名なこちらの地方では、レモンチェッロ(レモンのリキュール)やキャンディ、レモンを使った石鹸などが売られていました。




e0140529_22382347.jpg



e0140529_22382454.jpg
途中のカフェで休憩。
カプチーノと甘いコルネのようなお菓子をいただきました。




e0140529_22382476.jpg
ヘーゼルナッツのクリームが入っていて少し甘めなのですが、疲れた体にはその甘さがじんわりしみ込みます 笑

この後はまたバスに乗ってSorrentoまで戻りました。
Amalfiからバスに乗ったのが夕方5時を過ぎていたのですが、Amalfiを出る時点でもうすでにバスは満員で、途中Positanoでもかなりの人が待っていたのですが、結局降りる人もいなかったのでそのまま通り過ぎてしまいました。
今回時間制のチケットの関係で行きにPositanoで観光しましたが、もし逆だったら帰り大変だったなとちょっとヒヤッとしました。




e0140529_22405223.jpg
途中Sorrentoから出る電車が遅れるというハプニングがありましたが、9時ごろにはMetaの家まで帰ってきました。

イタリア語の車内放送の後、乗客みんながザワザワしだして、何人か電車を降りる人もいたのでどうしようかと思いましたが、そのまま車内に残る人が大半だったので私たちも待っていたら15分ほどで動きだしました。(´▽`) ホッ




e0140529_22411581.jpg
夕ご飯をSorrentoで食べる予定だったのですが、着いたのが遅くて疲れてもいたので、Decoという名前のスーパーで生ハムとチーズ、野菜のサラダパックとワインを買ってキッチンで食べました。
毎日外食だと胃が疲れてしまうので(笑)、たまにはこういったシンプルな夕食もいいなと思います。

翌日はCapri(カプリ)島へ行きました。次回はそちらの記事をアップしますね!


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。ポチッとお願い致します♪ m(_ _)mぺこり

[PR]
by ui-tana | 2017-05-20 10:42 | travel | Trackback | Comments(2)
イタリア旅行記@Pompei編

e0140529_18050548.jpg
イタリア旅行3日目はPompei(ポンペイ)遺跡へ。
↑上の写真はフォロの広場です。正面にVesuvio(ヴェスヴィオ)火山が見られますね。

NapoliからはCircumvesuviana(チルクムヴェスヴィアーナ)鉄道のSorrent(ソレント)行きに乗って、Pompei Scavi - Villa dei Misteri駅で降り、右方向へ少し歩くと遺跡の入り口に着きます。

ポンペイ遺跡は79年のヴェスヴィオ火山噴火による火砕流によって地中に埋もれたことで知られ、その遺跡は「ポンペイ、ヘルクラネウム及びトッレ・アンヌンツィアータの遺跡地域」の主要部分として、ユネスコの世界遺産に登録されている。(Wikipediaより)

入場料は€13でした。入り口に無料の荷物預け所があるので、そちらに大きな荷物などは預けることができます。私たちもこちらで預けて遺跡内を歩きました。
ネットの書き込みにもあったのですが、チケットを買うに30分くらい並びました。(オープン時間が8時半で、私たちが遺跡の入り口に着いたのが10時半くらいだったので、少し遅い到着だったせいもあるんですけどね〜 汗)
事前にネットでチケットを購入することもできるので、効率良く回りたい場合はそちらの方が便利ですね。(引き換え窓口も空いていました)




e0140529_18394440.png
こちらがPompei遺跡の全体図です。
こちらの地図はポンペイの公式サイトからDLすることができます。




e0140529_18041367.jpg
とにかく広いので(汗)見て歩くのが大変でした。
でも、(ほぼ)当時のままの姿で残されている、色彩豊かな壁画などを見て歩くのは楽しかったです♪




e0140529_18041340.jpg



e0140529_20512022.jpg
モザイク画の天使(?)でしょうか?
色がとても綺麗でした!




e0140529_18041483.jpg
遺跡内に唯一あるカフェ。
お昼時にはかなり混雑していました。




e0140529_18041405.jpg
私たちは、Pompei Scavi駅から遺跡入り口までの間にあるお店でランチ用のパンを買ってあったので、カフェの前の歩道に座って(笑)食べました。
↑は旦那さんの。カルボナーラをぎゅぎゅっと固めて焼いたような感じのスナック。



e0140529_18041460.jpg
↑こちらは私の。
パン生地の間にスピナッチとチーズが入っています。
パンはちょっと固かったですが、間のフィリングがおいしかったです♪




e0140529_18041589.jpg
Regio Ⅵにあった、小さな噴水の家。
少し褪せたような色合いが素敵ですね。噴水も可愛らしかったですよ〜♪




e0140529_20512890.jpg
正面から。




e0140529_18041661.jpg
ここはどこだったかな〜?? もうすでに覚えていません (;^_^A アセアセ




e0140529_18041669.jpg
レリーフが素敵でした♪




e0140529_18050601.jpg
造りが凝っていますね。
お金持ちのお家なのかな〜?




e0140529_18041552.jpg
イタリアに来て初のジェラート!
確かティラミスとピスタチオのフレーバーだったと思います。美味しかった〜♪




e0140529_18050572.jpg
真ん中が車道(馬車の轍の跡なども見られました)、左右が歩道になっています。
飛び石のような横断歩道(?)があるので、馬車の車輪がこの間を通り抜けていたんですかね〜?




e0140529_18041604.jpg
小劇場。




e0140529_18050644.jpg



e0140529_20515145.jpg



e0140529_18050630.jpg
円形劇場。

全ての建物内を観ることはできませんでしたが、Regio Ⅰ〜Ⅷまでほぼ全てを回りました。遺体の姿を留めた石膏像もあって、火砕流のせいで一瞬で命を奪われた人々の様子なども垣間見ることができました。

遺跡を出たのが午後の4時を過ぎていたので、5時間くらい観て歩いたことになりますね〜。
日差しが強いし遮る屋根などもないので、帽子と日焼け止めは必須でした!

Pompei遺跡を観た後はCircumvesuviana鉄道に乗ってMeta(メタ)駅へ。





e0140529_20515890.jpg
今回の旅行では初Airbnbに泊まりました。
右側のドアが私たちの泊まった部屋です。



e0140529_20521845.jpg
休憩スペース。




e0140529_20521971.jpg
キッチンスペース。
パンやシリアルなどが置いてあって、朝ごはんに食べることができます。

とても可愛いお家で、部屋も綺麗でした♪ オーナーのMariafortunaさんも良い人で、駅まで迎えに来てもらったり、いろいろとお世話になりました。




e0140529_20521953.jpg
チェックインをした後は近所の散策へ。
海沿いの田舎町という感じで、こちらでは安心して歩くことができました 笑




e0140529_20522025.jpg
途中で見つけたレストランで夕飯をいただきました。
もちろんお酒も♪ こちらはPeroniというイタリアのビールです。




e0140529_20522082.jpg
バケットとグリッシーニ。





e0140529_20522035.jpg
オリーブオイルとパルメザンチーズを付けて食べたら絶品でした!




e0140529_20522198.jpg
ラザニア。




e0140529_20525188.jpg
モッツアレラとトマトのカプレーゼ。




e0140529_20522155.jpg
ピザも♪




e0140529_20522101.jpg
夕ご飯を食べ終わってから海辺に見に行った夕陽がとても綺麗でした♪

夕方5時くらいに見えますが、この時もう7時半でした 汗 夜8時を過ぎないと暗くならないのでなんだか少し不思議ですね。
この後は部屋へ戻って休みました。翌日はバスでAmalfi(アマルフィ)へ行ったので、次回はそちらの記事をアップしますね!


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。ポチッとお願い致します♪ m(_ _)mぺこり

[PR]
by ui-tana | 2017-05-18 21:46 | travel | Trackback | Comments(2)
イタリア旅行記@Napoli編

e0140529_13530741.jpg
イタリア旅行記2日目です。
この日はNapoliを1日観光する予定でした。

まずは腹ごしらえから 笑
今回の旅行で泊まったホテルは全てブレックファスト付きでしたが、こちらのホテルで食べた甘いクロワッサンがとてもおいしかったです。
ネスカフェのエスプレッソマシーンが置いてあって、朝からクリーミィな泡ののったカプチーノもいただけました♪

この日観光する場所は、ガイドブックなどを読んである程度決めてあったのですが、朝食の席で同じテーブルで食べていたイタリア人の男性にお勧めの場所を教えてもらったので、予定を少し変更してそちらからまわることにしました。

外見がイタリア人らしくなかったので(勝手な判断ですが 汗)、『一人で旅行されてるんですか?』と話しかけたのですが、ローマからナポリへ働きに来ていたイタリア人でした。ナポリでの生活も長いそうで、危険な場所(スペイン地区など)の情報も教えてもらえました。
昨夜行ったPizzeriaの名前を伝えたら、地元の人にも評判のお店だったようです。ちゃんと調べておいて良かった〜 
(・∪・)♪



e0140529_13505434.jpg
地下鉄Garibaldi駅からLine1に乗ってMunicipio駅まで。
1回券が€1でした。他に90分券や一日券などもあって、うまく使えばお得にまわれそうです。




e0140529_13505224.jpg
Municipio駅から歩いてすぐの所にある、Castel Nuovo(ヌオーヴォ城)。
Nuovoというのは『新しい』という意味で、卵城と区別するために命名されたそうです。13世紀にアンジュー家出身のナポリ王カルロ1世が、フランスのアンジェ城をモデルに建築したといわれています。




e0140529_13505565.jpg
ヌオーヴォ城から少し歩くと、Napoli最大の広場Piazza del Plebiscito(プレビシート広場)があります。




e0140529_13505511.jpg
こちらにあるBasilica San Francesco da Paola(サン・フランチェスコ・ディ・パオラ聖堂)をお勧めされたので見学しました。
この聖堂はRomaのパンテオン神殿をモデルにして建てられたそうです。
この時はローマへ行く前だったので気付きませんでしたが、言われてみるとパンテオンと良く似ていますね。




e0140529_18341221.jpg
プレビシート広場を挟んだ向かいには王宮があります。




e0140529_13505233.jpg
少し歩いてGalleria Umberto I(ウンベルト1世のガレリア)の入り口にある、ドルチェを売っているお店 Sfogliatella Mary(スフォリアテッラ マリー)へ行きました。




e0140529_13522789.jpg
こちらのお店のババ(左)とスフォリアテッラ(右)がおいしいという口コミがあったので買ってみました。

スフォリアテッラはナポリ地方名物の焼き菓子で、貝殻をかたどったひだが何層もあるパイ状の生地の中にリコッタチーズ、カスタードクリームやアーモンドクリーム等を入れて、オーブンで焼き上げたお菓子です。
パリパリした生地で、食べる時にポロポロこぼれて非常に食べ辛いのですが、とてもおいしいです!
こちらで買ったものはアーモンドクリームが入っていました。リコッタチーズが入ったものが食べたかったのですが、スフォリアテッラを食べたのがこの一回きりだったので今回食べ損ねました!(涙)

ナポリ地方の名物という事を知らなかったので、他の都市でも食べられると思っていたんですよね〜 (;^_^A アセアセ
ローマに行ってから食べればいいや〜と気軽に考えていたら、ローマではまったく見かけませんでした。
ナポリでもう一軒スフォリアテッラの有名なお店を調べてあったのに〜!! 行っておけば良かったです。。




e0140529_21532160.jpg
ウンベルト1世のガレリアは、1890年に完成したガレリア(アーケード)です。十字に交わった中央部の天井は、鉄とガラスで造られた、高さ58メートルのドームになっています。中にはショップやカフェが並んでいて大勢の人が居ました。




e0140529_13522635.jpg
アーケードの中にあるマックで一休み❤︎

この日はイタリア旅行中で唯一雨の降った1日でした。
ずっと降っていたわけではなくて、降ったり止んだりしていたので、雨が降って来たら屋根の下に入って止むのを待ってから移動という感じで過ごしました。




e0140529_13522702.jpg
マックカフェで休憩した後、Castel dell'Ovo(卵城)に着いた頃には晴れ間が出て来ました。




e0140529_13505342.jpg
卵城からの眺め。
雲が無ければVesuvio(ベスビオ火山)が綺麗に観られるようなのですが、この日は曇っていたので山の影がうっすら見えただけでした。

卵城のあるサンタ・ルチア地区には、海岸沿いに高級ホテルが並び、お洒落なカフェやレストランもあります。
この辺りは治安が良いと書かれていたので、初めはサンタ・ルチアのホテルで安いところを探そうと思っていたのですが、Central駅から少し距離があったので諦めました。(タクシーとか使えばいいんでしょうけどね〜 笑 そういった考えにならないところが貧乏性です 笑)




e0140529_13522706.jpg
卵城を見た後にランチを食べたお店。
Taverna(タヴェルナ)という種類の大衆食堂(だと思う)です。調理済の料理がショーケースの中に並んでいて、食べたいものを指差して注文できるので便利でした。




e0140529_13522880.jpg
トマトソースのペンネと。




e0140529_13522848.jpg
マルゲリータのような見た目のパン。
ボトルウォーターも買って全部で€7でした。
本当は海岸沿いのお洒落なレストランでランチでもと思っていたのですが、どこもお客さんが入っていない上に値段が高かったのでやめておきました。(おいしくなかったらやだし。。笑)




e0140529_13505343.jpg
ケーブルカーに乗って、Vomero(ヴォメロ)の丘の上に建つCastel Sant'Elmo(サンテルモ城)へ。
上からはNapoliの街並みが見渡せます。




e0140529_14004433.jpg
実はここでちょっと感違いをしてしまって、、、汗
お城の入り口だと思って入ったところが、実はお城では無く美術館でした 笑
まあ、芸術に興味の無い私たちは普段スルーしてしまう場所なので、見る機会があって良かったのですけどね〜。
あとで調べてみたらこちらの建物は以前修道院だったようで、世界遺産にも登録されているそうです。→サン・マルティーノ修道院




e0140529_14004585.jpg
天井にも絵が描かれています。描く時に首が痛かっただろうな〜と考えてしまう私たち。。

イタリアの建物はどれも歴史が感じられて素晴らしいのですが、特に教会や聖堂に入るとその豪華さに圧倒されます。
私も旦那さんも芸術には疎いので、この絵は誰々が描いた、この彫像は誰々作、と書かれていてもふーん?、、、で終わってしまうのが寂しいところですが。。




e0140529_13505407.jpg
美術館を見た後はケーブルカーで丘の麓まで降りて、Spacca Napoli(スパッカナポリ)という旧市街を歩きました。

スパッカナポリにはナポリを真二つに割ったという意味があるそうで、その名前の通り真っ直ぐな通りがナポリの街を分断するように伸びています。古代ギリシャの植民地『 ネアポリス』をベースにしたと言われる旧市街エリアで、世界遺産にも登録されています。

↑上の写真のように、大勢の人が狭い通りに溢れている中を車やバイクなども入ってくるので、周りをよく見て歩かないとうっかりぶつかりそうになります 笑
古びた教会や趣のある建物の中に、土産物屋やお洒落なカフェやレストランがあったり、見ていて飽きない場所でした。メイン通りと交わる細い路地を覗くと下町の生活風景が広がっていて、中には足を踏み入れたら危険そうな暗い路地もあったり、そうかと思うとメイン通りのカフェでは観光客がエスプレッソを小粋に飲みながらお喋りしていたり、全てが混沌と混ざり合って熱気のあるとても魅力的な場所でした。




e0140529_13522818.jpg
Spacca Napoliでいくつか観てみたい教会があったので、そちらへ。
↑の写真はGesu Nuovo Church(ジェス・ヌオーヴォ教会)です。




e0140529_13522979.jpg
質素な外観からは想像できないほど中は豪華でした。




e0140529_13522954.jpg





e0140529_13505430.jpg
道を挟んで向かいにはChiostro di Santa Chiara(サンタキアーラ教会)があります。
マヨルカ焼きのタイルを使った装飾がとても綺麗でした。入場料は€6です。




e0140529_13522915.jpg
サンタキアーラ教会を見た後に、サンセヴェーロ礼拝堂にも入りたかったのですが、入り口に長〜い行列ができていて今回は諦めました。。
そんなに有名なところだと思っていなかったのですよね〜。。現地の学生っぽい人たちが多かったので、どこかの学校の見学とぶつかってしまったのかもしれませんが、残念です!




e0140529_13530592.jpg
Napoliでの観光はこれで終了〜。この日も1日よく歩きました!

ホテルへ戻る前に夕飯をいただきました。
この日夕飯を食べたのは、A Figlia d'O Luciano(ア・フィーリア・ド・ルチアーノ)というレストランです。



e0140529_13530601.jpg
アーモイタリアでお勧めされていた、ムール貝のスープ。
まったくスープには見えませんが(笑)おいしかったです!
どっさり乗ったシーフードの下にパンが敷かれているのですが、スープを吸ったパンもおいしかったですよ〜。




e0140529_13530669.jpg
こちらもお勧めされていたトマトソースのスパゲティ。
パスタの茹で加減もきちんとアルデンテでした。



e0140529_13530631.jpg
こちらはZeppole di Alghe Marine(海草入りの揚げもの)。
揚げたてはアツアツで口の中を火傷しそうになりましたが(笑)美味しかったです♪旦那さんと2人で3品をシェアしたのですが、お腹がいっぱいで最後には『苦しい〜』と言いながらそれでも頑張って食べました。食べ物を残せない夫婦です 笑

この日も夕ご飯を食べ始めたのが早い時間(17時半くらい)だったので、お客は私たち2人だけでした (;^_^A アセアセ
お店の人たちも暇そうで(笑)、でも、お料理は一皿ずつ時間を置いて出してくれたので、どれも温かい状態でおいしくいただく事ができました。
こちらのお店はワインも安くいただけるそうなので、次回はワインも飲めるといいな〜。(今回は旦那さんが旅行初日から風邪をひいていて、私は元気だったのですが一応遠慮してこの日のお酒はやめておきました)

洒落たレストランでは無くて(笑)どちらかと言うと屋台風のお店なので気軽に入ることができます。
(お店の周りの雰囲気はあまり良く無いので、ムードを大切にするカップルなどには向かないかもしれません)

夕飯を食べた後はホテルに戻って、この日も早めに休みました。
翌日はNapoliから港町Sorrento(ソレント)方面へ。途中でPompei(ポンペイ)遺跡も観光したので、そちらの記事はまた次回アップしますね!


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。ポチッとお願い致します♪ m(_ _)mぺこり

[PR]
by ui-tana | 2017-05-15 22:01 | travel | Trackback | Comments(4)
母の日に

e0140529_13042473.jpg
母の日のプレゼントと一緒に送った焼き菓子。

上から、若山曜子さんのレシピで、ジャムロゼッタクッキー(クリームチーズ生地)とコーヒーナッツ(胡桃)クッキー、いちばん下はバーチ・ディ・ダーマ。イタリア語で貴婦人のキスという意味だそうです。

味見をする時間もなく送り出したので心配でしたが、さっき実家から『美味しかったよ!』という連絡がきました。
良かったです♪ お母さん、これからも元気でね。


にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。ポチッとお願い致します♪ m(_ _)mぺこり

[PR]
by ui-tana | 2017-05-14 13:15 | sweets | Trackback | Comments(2)